体験談

【感想レポ】うんこミュージアムに行ってきた

こんにちは、りんこです。
横浜で恐ろしい企画展示をやっているのをご存じですか?
その名も、うんこミュージアム。
気になりすぎて、先週行ってまいりましたので
感想レポートを載せます。
うんこを連呼するので苦手な方はお控えください、、

これから行く人のために、
全てを載せないようにします。

うんこミュージアムとは?

「この世に誕生した瞬間に流れて消えていく」運命をもったうんこを
エンタメとして企画され、展示されているスポットです。
つまり、「うんこ」がテーマのミュージアムです。

横浜駅にあるアソビルの展示スペースで、
2019年3月15日~7月15日の期間限定でオープンしています。

入場料は大人1600円・子供900円、
チケットは事前にWEBで購入したほうが安全です。
チケットの詳細などは公式サイトでご確認を、、、!

こんなぶっとんだ企画があるものかと、
旧友と2人で遊びに行きました。

いざ、うんこミュージアムに潜入

入場は時間指定されており、
チケットに記載の時間でないと入れません。
事前にWEBでチケットを購入し、
時間の5分前に並んで、やっと潜入できました。

入場前に「うんこ」と叫ばされる

チケットをもぎられ、まずはモニターのあるスペースに通されます。
そして、うんこのイメージビデオを見せられますww
4~5組くらいが集められて見るので、
シュールな雰囲気になります。

ビデオは3分くらい、
見終わったらスタッフさんから注意事項のアナウンスがあります。
いよいよ会場内に、、というときに
「それではみなさん、合図をしたら大きな声でうんこと叫んでください~」
と。。。
で、「うんこ」と叫ばされるww

手始めに、myうんこを作成

次のスペースに入ると、
カラフルな便器が、、、
スタッフに1人ずる腰かけるよう促され、
みんなが腰かけると、
場内がキラキラ光って便器の中にうんこが!!

写真取り損ねたので、
インスタから拝借。。

 

この投稿をInstagramで見る

 

しゃおりさん(@sya0ri)がシェアした投稿

myうんこを棒に指して、
フォトプロップスのようにします。
myうんこをゲットしたら、
いよいよ会場内へ、、

会場に入ると、巨大なうんこボルケーノ

ボルケーノ、つまり火山です。

たまに噴火するww
カルデラ湖にあたる部分はボールプールになっていて、
小さい子がキャッキャッしています。

フォトジェニックなスポットが沢山

会場内にはフォトジェニックなスポット
いくつか用意されています。
そして並んで写真を撮る、を繰り返す、、、

空中に浮いているうんこや、

ネオンなうんこ、

映える便器などがあります。

スイーツかと思いきや、

よくみるとうんこ感満載。

インスタに載せるであろう写真をとりまくる高校生に混ざって
写真をとりまくるアラサー。

アカデミック?な展示コーナーもあり

アカデミックといっても、
内容はすべてうんこです。

各国のうんこにまつわるものも
紹介されています。

イラストコーナーには著名人の作品も

一角には、みんなが描いたうんこが展示されています。
カラフルなうんこ、
リアルなバナナ型、
もはや何かわからない抽象画もあり、
思い思いのうんこが表現されています。

 

よく見ると、著名人の作品もまぎれています。

うんこミュージアム、総じて、、?

ゲームコーナー、お土産屋など
紹介しきれていないポイントもありますが、
ひととおり楽しんで40分くらい滞在しました。

楽しかったけど、総じて中高生向け
フォトジェニックに興味なければ
中身が薄く感じるかも、、
実際に来ている層も中高生と
小さい子ども連れで、
そのあたりの方にとってはツボなのかと思います。

なんだかんだみんなうんこ好きだな、
とほっこりした気持ちになって帰りました(^o^)
興味のある方はあと1か月なのでお早めに(笑)