タイでは大人も使う?ベビーパウダー買ってみた

今年の夏休みはタイのバンコクに行ってきました!
海外旅行のショッピングといえば現地のプチプラコスメを
買いあさるのが定番です。
日本ではあまり見ない、バラエティに富んだベビーパウダーが
気になったので買ってみました。

タイ人は大人も使う?

ベビーパウダーって、
日本では赤ちゃんにあせもができないように
使ったりしますよね。
ジョンソンエンドジョンソンからでている
ベビーパウダーがメジャーです。

しかしタイでは、
ベビーパウダーは赤ちゃんだけの
ものではないようです。

スーパー(ビッグC)に行くと
カラフルなパッケージの、でかめのベビーパウダーが
ずらーーっっと並んでいます。
写真は撮り忘れました、、、

タイでのベビーパウダーの使い方

鞄に入れて持ち歩き、
汗をかくところにつけて、
サラサラ肌をキープします。
日本で例えるなら、
汗ふきシートを使うような感覚ですかね。

売っている商品も
スース―する成分が入っているかのような
表記が多いです。(タイ語読めない、、)

ボトルにたっぷり入って400円程度なので、
汗ふきシートよりもコスパが良いかも。

やたらめったら顔が白い人がいますが、
きっと暑くて顔に塗りたくったのでしょう、、
一年中暑くて湿度が高いタイでは
必須アイテムのようです。

買ったのはeversenseのベビーパウダー

と言いつつ、eversenseが何者なのか
わかりません(笑)
ググってでてっ来たのがこのサイト

パウダーとかミストなどを扱っていて
女子向けっぽいです。
8×4みたいな立ち位置でしょうか。

youtubeの広告なども出てきましたが、
なんだかクセが強いので載せないでおきます。

なぜこれにしたかというと、
パッケージが可愛いからです。

ミントだということ以外
わかりませんでしたが、パケ買い。

裏を見ると、、、

清涼感が強めのタイプだと
いうことだろうか、、

使ってみた

ふたをずらして、
小さい穴から出す仕組みです。

たしかにこれだと手軽に使えそうです。
鞄の中に少量の粉が
飛び散りそうではありますが。。

手に取ってみると、
日本のベビーパウダーと変わらない質感。

粒が細かくなめらかで
すっと肌になじみます。
多少こすらないと白くなってしまうので注意。

清涼感はほんのり感じます。
ずっとスース―するほどの強さではありません。
香りはミントがほんのり残ります。
フルーティーで、
万人受けするような香り
です。

優秀な制汗グッズになりそう

パウダーを付けると
脇の下やひじの内側の
ペタペタする感じはなくなります。

コスパもよいので、
夏に重宝しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です