家庭用脱毛器でセルフ脱毛をやりきるための4つの極意

自慢ではないですが、
私はほぼセルフ脱毛でほぼ無毛まで頑張りました。
これから脱毛を考える人にとって
エステ・医療かセルフかを決める参考になれば

いいなあと思い書きました。

私がセルフ脱毛を選んだ理由

脱毛というとエステや医療脱毛に
通うのがメジャーかと思います。
まずは、私がセルフ脱毛、
つまり家庭用脱毛器を選んだ理由を
2つ紹介します。

節約したかった

銀座カラーなど、
どんなにお得を謳うエステでも、
月額料金が安くても、
外でやるとトータルで30万くらい
掛かってしまいます。

30万で全身まるっとプロがやってくれると思うと、
高いか否かはその人の価値観次第、
というところですが
当時社会人なりたての私には高かったです。

それに比べ、家庭用脱毛器は5~6万
効果はわからないけど
それはエステ脱毛でも一緒だと思いました。

時間の融通が利く

エステ脱毛だと予約をとって
行かなければなりません。

土日は2ヶ月くらい埋まっていて
自分の予定に合わせることができないし、
平日は仕事が何時に終わるか
読めないので当日キャンセルのリスクもある、、、
とにかく仕事がまだわかっていなかった当時、
時間に縛られることが恐怖でした(笑)

また、予約が取れなくて
本当はもっと早く終えられるものが
長期化してしまうことも嫌でした。

家庭用脱毛器であれば、
好きなときに自分で時間をつくってできるので
最短で効果が出るよう
自分の気持ちさえついてこれば調整できます。

セルフ脱毛をやりきるための極意

丸3年セルフ脱毛に取り組み、
ほぼ無毛の肌を手に入れました
しかし途中くじけそうになること(笑)、
怠惰になって長期間さぼることもありました。

これからセルフ脱毛をしようという方のために
やりきるための私なりの極意を伝えたいです。

スケジュールを組む

エステや医療だと、
予約日を確認し、そこに合わせて行けばいいですよね。
でもセルフ脱毛は
脱毛周期は自分で管理しなければいけません。

はじめの内は脱毛に対する意欲も高く、
肌を傷めないよう最低限の期間を空けて
照射していました。
しかし、毛が薄くなってくると、
時間を空けてもいいので
よくわからなくなります(笑)

実際、毛が薄くなってきたら
1ヶ月に一回、
私が使っているルメアの場合は
2ヶ月に一回、とかでもよくなります。

ルメアを買って丸3年、セルフ脱毛してみた結果

2018.12.23

だからこそ、
照射した日をきちんと記録して
計画的にやっていかないと
効果も下がってきてしまいます。

私はルナルナのアプリに
生理と共に記録
していました。

家族に見られない場所で照射

照射しているのときの
執念に満ち溢れた顔は
あまり見られたくありません。

背中に必死に手をまわしている姿、
Oラインのためにう〇こ座りする姿は
絶対に見られてはいけません。

私は一人暮らしなのでよいのですが、
家族、ましてや彼氏と住んでいるかたは
お気を付けください、、、

保湿は忘れずに

家庭用脱毛器は
ジェル不要で照射できるタイプが多いですが、
照射した後はジェルやクリームで
保湿するのを忘れずに。

単純に乾燥するから、というのもありますが
保湿されて肌を柔らかい状態にしたほうが
毛が抜けやすく、脱毛効果が高まります

エステなどでは
保湿までやってくれるところが多いので、
保湿することろまでが脱毛」ということを
忘れずに、、、

毛に対する執念を忘れない

個人的にはこれが一番大事。

施術のタイミングを
誰にも指導されない
ので、
少し薄くなってきたあたりで
面倒になってしまったりして、
私の友人でも途中で辞めてしまった人もいます。

でも、家庭用脱毛器でも
回数をしっかりクリアすれば
つるつるの肌が手に入るのです。

「少し薄くなったからいいや」で満足していれば
それでもいいのですが、
最後までしっかり続けることで
効果も最大限得られます。

セルフ脱毛は根気が必要

まとめると、「根気強く」です。
家庭用脱毛器を買うときしか
お金を払わないし、
誰かに指導・管理されることもないというのは
セルフ脱毛のメリットであり落とし穴です。

毛深かったときの自分を、
小学生の時に「お前毛深いな」と言ってきた男子を、
忘れずに根気強く、継続して照射することが
成功の鍵です(笑)

私は家庭用脱毛器ルメアを
愛用して3年ほど頑張って来ました。
ルメアについては別記事で書いているので
よければ読んでください(^o^)

ルメアを買って丸3年、セルフ脱毛してみた結果

2018.12.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です