20代半ばで一人暮らしをするメリット6選

こんにちは、りんこです。
私は実家が関東にあり、
頑張れば会社にも通えるのですが
24歳から一人暮らしを始めました。

お金もかかるし家事も自分でせねばなりませんが、
それでも一人暮らしをしてよかった!!!と
心の底から思っています。
友人で一人暮らしを迷っている人には
おススメしていますが、
もはやマウンティングとも捉えられかねないくらい
いいことが沢山あったので記事にしました(笑)

一人暮らしの目的

一年目の前半だけ実家から出勤していたのですが、
片道80分ほどかかりました。
仕事も忙しく、
22時すぎまで残業することもしばしば、、
(大企業の割に一年目によくそこまで
やらせてくれたなと思いますwww)

残業後に帰宅すると24時間際、、、なんてことも多く
「とにかく時間のムダ!!」と思ったのです。
気が付いた時には賃貸契約書に
ハンコを押していたほど、
光の速さで家さがしをして実家を出ました。
決意~契約まで8日間でした(笑)

一人暮らしのメリット6選

ここからが本題です。
目的通り、時間をムダに済んでいるのですが
それ以外にもたくさんあります。

大きく分けると
・自己進化
・人脈の拡大

の2つです。

自己進化

まず前提ですが、
実家時代の私は家事もしないし
ごはんもつくらない。
そんな生活でした。

1.家事ができるようになった

当たり前ですが(笑)
やろうと思えばそりゃできるでしょ、とは
思うのですが、
実際にやった経験があるのとないのでは違います。
ここまでできていれば将来
人と住むときも安心です。

風呂掃除は毎日、
トイレ掃除と床の拭き掃除は週1、
洗濯は夏は週2、冬は週3です。
これが当たり前にできるようになるって
相当な進化
です。
洗濯機は乾燥機付きをGETしましたので、
干したりしてないんですけどね。

2.常識が身に付いた

光熱費ってこれくらいかかるんだとか、
こうやって払うんだとか、
テレビってこうやってつなぐんだとか、、
実家に住んでいたときは
こんな常識があることすら気が付きませんでした。

3.新しいことに挑戦できた

通勤時間が短縮されたことにより、
一日あたり1.5時間は
時間が生まれました。
一人暮らしして1~2年くらいは
飲み歩いたり、とにかく寝たりしてみたのですが
せっかくできたこの時間で何かをしたいなと。
そこでこのブログを始めました。

まだまだ初心者ですが、
自分の趣味をもとに
何かを発信できるのは楽しいです。

人脈の拡大

一人暮らしをして
飛躍的にウケがよくなりました。
彼氏探しに必死だったころは、
すごく助けられました(笑)

4.出会いの機会が増えた

家も会社に近いので
平日の仕事後もフットワークが
良くなります。
終電を過ぎるような吞みの誘いも
大体タクシーで2500円くらいの距離なので
行けるように。

距離もそうですが、
社会人になって実家だと
「箱入り娘感」が出てしまうので
誘うハードルも高くなります。

男性に関しては
「誘いやすいから誘う」なんて軽いのは、、
と言う人もいますが、
対人スキルを磨き、
見る目を養うのにはもってこいの時間でした(笑)

社内営業という観点でもとても貴重な時間です。
偉い人に吞みに誘われたりしたとき、
終電気にせずしっかりお付き合いできるのは
大きなアドバンテージに。(社畜、、、)
若いうちだからこそ仕事が大してできなくても
連れてってやろうとか、
話をしたいとか、
そういう需要があると踏んでいます。

5.「生活力ある」認定をされた

これは主に男性ウケという観点ですが、
一人暮らしをしている=一人で生活できる人、
という安心感を与えられます。

魔法の言葉は、
・食器用洗剤の良し悪しがわかる
・毎週トイレ掃除してる
・土曜の午前は家事してる

あたりです(笑)

合コンで実家暮らしの友達が
「実家でないの?」と
聞かれるのもよく見ますし、
友達に女の子紹介してと頼まれるときも
一人暮らしで~という条件を
付けられます。
社会人になってから出会うのであれば、
距離を詰めやすいほうが良いですし、
生活力がないと先が不安、、という考える人が
多いです。

6.共通の話題がある

いざ人と話す機会に巡り合ったものの
話が、、続かない?ときは、
「家事の話」www

困ったときの最終兵器。
異性との出会いであれば
相手の価値観を知れるチャンスです。

お金さえあればおススメ!

一人暮らしをすると実家に比べて
お金がかかるのは事実。
個人的には
家賃8万+光熱費のお金を
払うだけの価値があると感じています。

丸3年一人暮らしした私は
そろそろ人と住みたいですが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です